FATF、仮想通貨関連の規制ガイダンスを修正

siteowner/ 2月 26, 2021/ NEWS

仮想通貨関連の規制ガイダンスを修正国際的な金融規制機関、金融活動作業部会(FATF)が、暗号資産(仮想通貨)に関連するガイダンスの修正を行い、公開協議のためにあらかじめ公表したことが分かった。2月25日に終了したFATF本会議を受けて発表された事項の一つである。FATFのガイダンスは、マネーロンダリングやテロ資金調達を防ぐために、暗号資産サービスプロバイダー(VASP)に、ライセンス登録や規制・監督の対象となることを求めるものだ。FATFによると、今回過去12カ月間の振り返りが行われ、その結果、公共・民間...