”米SECクリプトマム”Hester Peirce「SECは仮想通貨プラットフォームへの理解を深めるべき」|「トークンは必ずしも証券法対象とは言えない」

siteowner/ 2月 12, 2019/ NEWS

米SEC(証券取引委員会)の頑なな姿勢に一石を投じる同委員会のメンバーであるHester Peirce(ヘスター・ピアース)氏。同氏が先日、「仮想通貨(暗号資産)は必ずしも証券法の対象になるとは言い切れない」と発言しました。仮に一度証券として認められたとしても、その後の経緯で証券法の対象外になることはありうるとも。