仮想通貨市場下落に繋がった米公聴会、明日に控える下院の方向性を探る

siteowner/ 7月 17, 2019/ NEWS

米共和党リーダーが自身の見解を説明
米下院議員の共和党リーダーKevin McCarthy氏が、ビットコインの非中央集権的な性質やセキュリティの仕組みを支持する一方で、リブラに関しては厳しく追及すると公表。明日開催される下院の公聴会を同発言から読み解く。

米共和党リーダーがビットコインを支持

米共和党のリーダーKevin McCarthy下院議員は、ビットコイン(BTC)の非中央集権的な性質やセキュリティの仕組みを支持する一方で、リブラに関しては厳しく追及すると、米経済番組CNBCでのインタビューで明かした。

今回の発言から、17日の市場下落に繋がった米上院の公聴会に続く形で予定される下院金融サービス委員会の内容を読み解く鍵となる可能性が見えて来た。今回はビットコインへの発言とリブラへの発言から、業界への温度感を、下院共和党リーダーの発言から読み解く。

ビットコインは安定した資産に裏付けされておらず、価格の変動は大きい。だからこそ投資先としても価値があると述べ、匿名性を保ちながら即座に国際送金ができることも、ビットコインを支持する理由に上げている。誰もビットコインをコントロールできないところにも魅力を感じているという。

ビットコインにも不安な側面としては、犯罪やマネー・ロンダリングなど悪用される可能性がある点を上げ、「ビットコインは本当に必要な領域で利用されていない」と説明した。

一方で、リブラに対しては上院の議員や米政府と同様に厳しい見解を述べた。

17日に開かれた上院の公聴会では、話題の中心がフェイスブック社のデータプライバシーや信頼問題に置かれており、主にフェイスブック社に対する批判が相次いだ。リブラの開発責任者は、これらの追及に対し、通貨発行は規制当局の承認を前提としているとして、発行を見送る見通しを述べた。

明日18日には、下院金融サービス委員会でも同様に公聴会が開催される。よって、Kevin McCarthy下院議員の発言は、市場における一つの考え方として参考になる。

リブラに対する見解

では、フェイスブックが支援する仮想通貨リブラを批判するMcCarthy氏の見解を見ていく。

した。リブラはビットコインとは異なり、複数の法定通貨および複数国の債券を裏付け資産として発行される。安定はしているが、中央集権的だとみなし、懸念する点があると述べた。

「フェイスブックのユーザーは、フェイスブックの客ではなく商品だ。無料でフェイスブックを利用するかわりに、自分のデータを提供している」と語り、リブラが市場を独占すると、痛烈に批判した。

なお、18日に下院金融サービス委員会が開くリブラの公聴会では、競合する企業を排除する可能性があるかを見極めたいと話した。これは、リブラ協会に登録される企業で世界的な独占市場を担っていくのではないかとの懸念を示したものと思われる。競合する大手IT企業などの市場参入をけん制している可能性を追及するという。

これまで下院金融サービス委員会はリブラに対し批判的な立場をとってきた。同委員会のMaxine Waters理事長は「リブラプロジェクト」の一時中止を求めており、その要求に他の議員や団体も賛同するなど、批判の動きは拡大している。

フェイスブックはあくまでリブラを運営するリブラ協会のメンバーで、独占的な立場ではないことは事前に説明されている。フェイスブックの子会社であるカリブラが個人の金融データを保護し、広告の表示を目的にデータを共有することはないことも強調してきた。それに加え、規制に準じる姿勢も明確に示している。

先日自身のTwitterでビットコインとリブラを批判した米トランプ大統領も共和党だ。技術の発展と規制とのバランスをいかにとるか、リブラを中心とした仮想通貨に対する米国の動向に、以前にも増して注目が集まった。

明日開かれる下院の公聴会では、リブラがもたらし得る金融リスクや顧客のデータ保護が公聴会のメイントピックとして開くことになったため、上院の審問とは違う角度でフェイスブックの対応を求める可能性もあるのではないかと、上院に引き続き大きな注目が集まることが予想される。

CoinPostの関連記事

米SEC、仮想通貨リブラを「ETF(上場信託投資)」として規制する可能性が浮上|WSJ報道
仮想通貨リブラの構造から、いわゆる上場信託投資ETF(上場信託投資)に該当する可能性があり、SECはその可能性について管轄権を検討をしているという。リブラにおける規制をめぐる懸念は国会や中銀のみならず、トランプ政権やSECなどの行政部にまで広がる。
フェイスブックの仮想通貨リブラに関する「冒頭陳述」が先行公開、上院公聴会が17日に
米上院の公聴会を17日に控えるフェイスブックの幹部は冒頭陳述でリブラについて解釈。先日トランプ大統領がリブラなどを批判したことで、業界は今回の公聴会をさらに重視する。