バイナンスIEO銘柄の仮想通貨Matic、米コインベースカストディが新規対応

siteowner/ 1月 17, 2020/ NEWS

MaticがCoinbase Custodyに

仮想通貨取引所バイナンスのIEO販売銘柄MaticNetwork(Matic)が、米仮想通貨取引所コインベース傘下のカストディ企業「Coinbase Custody」の取り扱う銘柄として新規追加された。

NY金融当局のライセンスを持つCoinbase Custodyは、機関レベルのカストディとしてサービスを提供し、業界屈指の保管金額を取り扱っている。ビットコイン以外にも、XRPやETH、テゾス、Chainlinkなど数多くのアルトコインにも対応している。

関連CoinbaseがXapoを買収、巨額BTCを管理に

Maticはブロックチェーンのレイヤー2スケーリングソリューションを提供するプロジェクトで、バイナンスが19年4月に行なったIEO銘柄。バイナンスでの上場初値から最高値まで10倍もの価格高騰を記録したが、12月には一度、200%の大暴騰後に70%安を記録するなど価格が大きく乱高下した銘柄でも知られる。

Maticは、以前Coinbase Custodyが以公開した新規上場通貨検討リストにも含まれていた銘柄で、このリストからコインベースProにも新規上場に至った通貨には、DASHやATOM、Algorandなどがある。

よって、今後上場にも期待できる状況。市場もその期待感を織り込んだ。(18%高を記録)

CoinPostの注目記事

バイナンスの仮想通貨銘柄Maticが70%大暴落 一体何が?
過去二週間で200%も続伸していた仮想通貨Maticが突然70%大暴落。暴騰・暴落の要因を探った。
速報 仮想通貨取引所バイナンス日本進出へ ヤフー傘下のTaoTaoと戦略的提携で交渉を開始
世界大手仮想通貨取引所Binanceが、Zホールディングス株式会社傘下のZコーポレーションとTaoTaoと、戦略的提携で交渉を開始すると発表した。日本市場で完全な法令遵守するために金融庁とも協調を行うという。