「仮想通貨ビットコインは人々のためのお金」 金持ち父さん貧乏父さんの著者が提唱

siteowner/ 4月 4, 2020/ NEWS

ポートフォリオに金・ビットコインを、キヨサキ氏

ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏はツイッター上で、ビットコインをポートフォリオ(保有資産)に組み込むべきと語った。

キヨサキ氏は、お金についての考え方や哲学を記した著書「金持ち父さん貧乏父さん」を執筆したことで有名な実業家で、その著書は全世界で2800万部を突破している。

そのキヨサキ氏は、アメリカ政府などが現在、コロナウイルスによる経済悪化の救済策として検討されている刺激策について強い懸念感を示し、法定通貨ではなくゴールドやビットコインをポートフォリオに組み込むべきだと主張した。

貯金するなんて正気か。中央銀行が何兆ドルもの『偽物のドル』を発行する中で、どうして貯金をするのか。神の与えた金(ゴールド)、あるいは人々のお金であるビットコインを貯蓄せよ。

つい先週、米トランプ大統領が米国会で可決された新型コロナウイルスに対応する2兆ドル(約220兆円)の大規模経済刺激法案に署名、同法を成立させていた。

家計への現金給付・最大四ヶ月分の失業給料手当などに適用。総合的に企業や個人への「経済安全網」を整備する過去最大の政策で国内景気を早期に立て直すことを目指している。

そのほか米FRBは無制限QE(量的金融緩和政策)を施行。市中銀行が保有する中央銀行の当座預金残高量を拡大させることで行う歴史的大規模な経済対策だ。

この動きを受けた仮想通貨界隈の有識者は、政府が意図的に通貨(ここでは米ドル)の価値を低下させていると指摘し、政府のコントロールできないビットコインや金に富を移すべきと提唱している。

参考:キヨサキ氏

CoinPostの注目記事

大規模QE4でビットコインに好転の兆し、新局面を迎える仮想通貨市場
コロナショックに伴う米FRBの無制限量的緩和サプライズを受け、仮想通貨ビットコインは一時800ドル幅急騰。その後米株市場の急落に引きずられる場面があるも、”新たな局面入り”で大きく持ち直した。
米BofA『史上最も深刻なリセッション』Fitchの世界GDP予想も大幅下方修正
格付け会社フィッチは新型コロナのパンデミックに伴い2020年の世界GDP予想を大幅に引き下げ、リセッションが明確に。一方、仮想通貨ビットコインは一時7000ドル超まで大幅続伸、重要局面で推移する。